TAG

小説

読書の時間 辻村深月さん スロウハイツの神様

辻村深月さんの小説が好きで、最初(第一作目)から読んでます。 一人一人のキャラクターに個性があって、それぞれの価値観ができあがっている。 ひとりの作家が、これだけリアリティのあるキャラクターを複数描けるという事に驚きます。 それぞれ、キャラクターには人生があって、過去積み上げてきた時間を感じる。 一番最初の小説は、途中、怖くて怖くて読み進められなかった。 それくらい描写が生々しくて、鮮明に絵が浮か […]