副業を家族や彼氏に反対されたらどうする?

ときめきキャリアを叶える♡

起業・副業コンサルタント/SparkleU.のゆかりです。
 
 

自己紹介はこちらから。
 
 

クライアントさんからのご相談。
 
 

「彼氏(夫)に副業することを反対されました!どうしたらいいですか?」

 
 

今、アカデミーへのお申込みもスタートしていますが、このお悩みはけっこう多いです。
 
 

周りの人の意見にも耳を傾ける柔軟性があるからこそ、悩むのだと思います。
 
 

私も悩んだことあります。
 
 

そもそも私は、人の意見に左右されやすいんですよね。
 
 

(友人には意外!とよく言われますが、彼氏や夫などは納得するハズ)
 
 

だから、学生時代、進路を決める時は彼氏と別れたりしてました。
 
 

彼氏ありきの進路を選択してしまいそうで、怖かったんですよね。笑
 
 

今思えば、めっちゃ極端。笑笑
 
 

でもね。

 
 

結局、やるか・やらないか、何を選ぶかは、自分で決めること。
 
 

周りの人の意見を取り入れても、取り入れなくても、

それはあなたの判断で、

あなたの責任。
 
 

周りの人が、あなたの人生の責任をとってくれるわけじゃない。
 
 

周りの人の意見に従って、

仮にうまくいかなかった時、

周りのせいにせずにいられますか?
 
 

私は、人の意見に左右されやすく、

しかも、人のせいにするタイプでした。

 
 

なんでも、人のせい。笑

 
 

だから、仮に彼氏や夫の意見にムリに従って、

イヤな結果になったら、

ずっと彼氏や夫を恨むと思うんです。

 
 

心のどこかで、
 
 

「あの時、私はこうしたかった。
 
 

でも、彼が反対したせいでこうなった…。
 
 

本当は違う未来があったかもしれないのに」
 
 

と思い続ける。

 
 

そんな人生イヤですよね?
 
 

結論、彼氏や夫から反対されても、

自分がやりたければやる。
 
 

やりたくなければやらない。
 
 

将来何かあっても、

彼氏や夫のせいではなく、

自分の責任だ、と言い切れる選択をする。
 
 

それが一番じゃないかなぁ。
 
 

そうやって、覚悟を決められる選択なら、

きっと愛する人はいずれわかってくれるから。
 
 

今すぐじゃなくても、

あなたが自分で選び、

その後何があっても懸命に進んでいけば、

彼は応援してくれる。
 
 

そう信じてあげることも愛なのかなって思います♡
 
 

こんな副業あるあるのお悩みも、

仲間と講師と解決しながら、

自分らしいキャリアを創っていける場所。
 
 

それがときめきキャリアアカデミーです!

 
 

1月開講予定。

 
 

世の中が大きく動くと言われている2020年。

 
 

スタートダッシュで、

自分の人生を変えてみませんか?

 
 

もっと仕事にときめこう♡

幸せを呼ぶ人づきあいって?のろけを聞いてください!笑

よくばりキャリアを叶える♡

起業・副業コンサルタント/SparkleU.のゆかりです。
 
 

自己紹介はこちらから。
 
 

今朝、起きたら、

旦那さんが朝から料理していました。
 
 

ちなみに私は、

眠かったら時間関係なく起きないので、

息子が朝泣いていたら、

旦那さんがあやしています。
 
 

とはいっても、

朝から料理は珍しいな〜と思ってたんです。
 
 

そしたら…、

「これはゆかりちゃんのお昼ゴハンだよ。
 
 

息子くんの世話で、

料理大変だから。」
 
 

っていってくれたの!!!!
 
 

神すぎる〜✨✨✨
 
 

優しすぎる〜✨✨✨
 
 

美味しかった☺️見た目はアレだけど。笑
 
 

あと、昨日の夜、

同じマンションのママ友が、

クッキーを焼いて届けてくれたんです!
 
 

20時くらいだったんだけど、

「夜遅いので、入り口のフックにかけておきました」

って言ってくれて。
 
 

神すぎる〜!!!😭❤️❤️❤️
 
 

優しすぎる〜!!!😭💕💕💕
 
 

甘すぎず、

ザクザクした食感がすごく美味しかった。
 
 

ガマンできなくて、

夜中に即食べちゃいました。
 
 

今日も食べたいから、

取ってあるんだ〜😍
 
 

こんな感じで、

家で息子とたわむれて、

たまに好きな事=仕事してるだけなのに、

こんなに周りの人にも恵まれて、

幸せすぎる!!!
 
 

って思ったので、自慢でした。笑
 
 

周りの人に優しくしてもらえると、

「申し訳ない」って思う人もいると思うんだけど、

それって、

受け取りベタだよね。
 
 

こうやって優しくしてもらったら、

「嬉しい〜!!幸せ〜!!」って

素直に受け取りたいよね💕

 
 
それで、また、

優しさを周りに循環させていきたいなぁ。

 
 
人と関わらずに生きていくってできないし。

 
 

そんな、人づきあいの秘けつも、

継続コンサルティングではお伝えしていくつもりですよ〜☺️️💕

 
 

幸せになるには、

専門知識とかより、

自分を知って、

マインドを整える方が大切だもんね。
 
 

体験コンサルティングの募集は、

10/18(金) 21:00からですよ〜!
 
 

体験の時は、

なんでも相談していただけるから、

元経営コンサルタント、

転職のキャリアアドバイザー、

自宅サロン経営者、

そして男の子ママの私に聞きたいことがあったら、

なんでも聞いてくださいね❤️
 
 

メルマガ読者さんは先行案内します〜。
 
 

ではまた。

「知ってるんだけど」と言いたくなってもちょっと待って!学習効果を高める魔法の言葉

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

自己紹介はこちらから。
 
 

本を読んだり、セミナーに行ったりしていると、

「あ、これ前も聞いたことある」

「知ってることばっかりだな」

って思うことありませんか?
 
 

そういう時、

「もう知ってます。」

と言うのは簡単。
 
 

でも、ちょっとまって!
 
 

そう言い切っちゃうのは、

実はとってももったいないんです。
 
 

「もう知ってます」って言っちゃうと、

あなたの知識のドアが閉じちゃうんです。
 
 

「知ってる」と言うことで、

脳がサボりたくなって、

知識を積極的に吸収しなくなるんです。
 
 

知識のドアを開けておけば、

同じことを聞いても、

新しい発見があるかもしれないのに
 
 

よく、本を何度も読み返すと、

読むタイミングごとに、

学べるポイントが違うと言いますよね。
 
 

同じことを聞いたとしても、

「知らない」という気持ちで改めて学ぶと、

そういうことが起こり得るんです。
 
 

それに、誰かから学ぶときにぜひ知っておいてほしいのですが、

「知らなかったです〜!」って言えちゃう人の方が、

受け取り上手なんですよね。
 
 

そんなに喜んでくれるなら、

感動してくれるなら、

もっといろんなことを教えちゃおう!って

教える側もやる気になります。
 
 

知ってることを何度も学ぶのは、

プライドとかが許さない人もいるかもしれない。
 
 

だけど、そんなプライドはさっと捨てて、

学び上手な自分になってしまいましょう♪
 
 

「知らなかったです〜!」が言えると、

頑張らなくても、役立つ情報が次々と入ってくるようになりますよ。

 
 
ではまた。

フォントまでこだわる!ゆうこすさんの「お客様を徹底的に知る」

SparkleU.のゆかりです。
 
 

ビジネスを成功させるためには、

「お客様を徹底的に知る」ってとっても重要です。
 
 

お客様を知るっていうのは、

単純に生年月日、趣味、経歴などの情報を仕入れるってことじゃない。
 
 

価値観やライフスタイルを知ることができると強いです。
 
 

なんていうのかな、相手の目や耳、脳みそを通して、

世界を見れるかどうかということなんですよね。
 
 
 
 

この前、ゆうこすさんの『共感SNS』を読みました。
 
 

そしたら、ゆうこすさんの「お客様を知る」の徹底度にビックリ!
 
 

ゆうこすさんのフォロワーさんは20代女性が多い。 
 

その20代女性を知るために、

ものすごい量の情報収集を行っているんです! 
 

なんと20代向けの雑誌、サイトなどで、

はやっているフォントまで知り尽くしているとか。
 
 

え!?フォント!?

って感じですよね。笑
 
 

つまり、お客様自身が意識していないところまで、

意識的に知りに行って、

徹底的に理解しているんですよね……。
 
 

すごすぎます。
 
 

よく、ビジネスではペルソナを設定しましょう、といいます。
 
 

ペルソナっていうのは、

お客様をより具体的に、

実際にいる1人の人として描写・設定することです。
 
 

例えば、副業を始めるときに、

どんな人にサービスしようかな?と考えますよね。
 
 

それで、「30代、子どもがいる女性」と設定したとします。 
 

で、それだけだと、人口にしたら膨大な数です。 
 

悩みの数も膨大にあります。 
 

だから、

・33歳女性

・子どもは1人で保育園に通っている

・仕事は東京勤務

・大手総合職

・好きなファッションは……

・家族構成は……

など、とにかく細かく設定すること。
 
 

それがペルソナです。 
 

なぜそんなことをするのかというと、

「相手を徹底的に知る」ためです。
 
 

その人が何を日常考えているのか、

何を不安と思っていて、

何を叶えたいと思っているのか、

そういうことが、ちゃんと「実感」できるのかがすごく大切。
 
 

しかも、これはなにもビジネスに限ったことではないんですよ。
 
 

コミュニケーションの基本でもあります。
 
 

よく考えたら、相手をよく知りもせずに、

相手の望むものを与える事なんて、

できるわけないですよね。

 
 

自分をよく知らない人に、

適当なことを言われたり、

適当なサービスを売り込まれたら、

嫌な気持ちになりますよね。
 
 

基本的。
 
 

でも、とっても大切なこと。
 
 

私ももっと、メルマガやブログの読者さんのことを知りたい!と思いました。
 
 

では、また。

基本的に、他人のことは理解できない。それがわかれば人間関係はうまくいく。

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

上司とウマが合わなくて、

評価されないってこと、

どこの会社でもありますよね。
 
 

実際、転職を考える時、理由の一つに、

ほぼ必ずと言っていいくらい、

人間関係があげられます。
 
 

逆に、今の仕事を続ける理由にもなるのが、人間関係。
 
 

以前、幸せの要素について書きました
 
 

人間関係って、それくらい重要なもの。
 
 

人間関係のストレスを減らすには、

「他人のことを全て理解するのはムリ」

と思うこと。
 
 

諦めとか、冷たいとか、そういうのではなくて。
 
 

他人を「◯◯の人だ」って決めつけるのは、

おこがましいことだと知ることが重要だと思います。
 
 

自分と他人は、違うものだから。
 
 

例え、笑っているように見えても、

他人の真意はわからない。
 
 

悲しい時に、無理に笑おうとする人もいる。

 
 
緊張すると、笑ってしまう人もいる。
 
 

怒っているように見えても、

心は泣いている人だっている。
 
 

だから、見えていることだけで、

誰かを決めつけるのはやめようとわたしは気をつけています。
 
 

わたしの昔の上司で、

部下のイスをけったりするので、

部下から怖がられている人がいました。
 
 

でも、じっくり話すととてもいい人で、

人情味がある人でした。
 
 

仲良くなり、頻繁に飲みにも連れて行っていただき、

本当にお世話になった方です。
 
 

上司は、部下を厳しく指導するのが、

自分の役割だと思っていたそうです。
 
 

だから、イスをけったりしていたのですね。
 
 

イスをけるという行為だけで、

上司のことを決めつけていたら、

その人といい関係を築くのは難しかったと思います。
 
 

もし、あなたが今、人間関係で悩んでいたら、

相手のことを「分かったつもり」になっていないか、

考えてみてくださいね。
 
 

本人はそう言っていないのに、

態度や見た目から決めつけていることはないですか?
 
 

また、仮に本人が言葉にしていても、

あなたに本人の意図がそのまま伝わっているかはわかりません。
 
 

決めつけず、いつもフラットに他人と向き合うことができたら、

もっと人間関係は楽になりますよ♡
 
 

では、また。

人物タイプ診断で人間関係はスルスルうまくいく

SparkleU.代表のゆかりです。 
 

人間関係がうまくいかない時って、

大抵の理由は、「理解不足」だと思うんですよね🤔 
 

職場の上司とうまくいかない。 
 

モヤモヤする発言をしてくる友人がいる。
 
 

パートナーと分かり合えてない気がする。 
 

相手の発言とか行動がなぜそうなのか?が理解できると、

スルスル悩みが解決する❤️
 
 

例えば、同じ「尊敬」という気持ちを表す方法にも、

プレゼントを贈る人もいれば、

言葉の限りを尽くして褒める人もいる。
 
 

褒めるとお世辞に思われないか心配して、

仕事で恩返しするなどの行動で示す人もいる。
 
 

そんな感じ。
 
 

だから、言葉遣いがキツイと思う人がいても、

心の中までキツイ人かはわからない。
 
 

どんな人物タイプなのか知る事で、

もっと人間関係はカンタンになります✨ 
 

自分の特徴、相手の特徴。
 
 

人物タイプ診断は、個別コンサルでやっています❤️
 
 

今は受け付けてないんだけど、

9月ごろお茶会でやろうかなぁ〜🌸
 
 

親子でも人物タイプって違うから面白い。
 
 

息子はほんの数日前まで私のおなかの中にいたけど、

別の人間。
 
 

だから、私の予想と違う事をしたり、言ったりしても、

その違いを理解していきたいなぁ💕💕

感情的になっちゃった…と後悔するならため込まないこと

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

感情が爆発しちゃって、

パートナーや家族にぶつけてしまって、
後悔する時。
 
 

自分が自分じゃないみたいに、

いつも言わないような暴言をはいてしまったり、

傷つけたいわけじゃないのに、

傷つけてしまったり。
 
 

時には、ずっと後悔が残るほど酷いことを言ってしまう。
 
 


 
 

そういう時って、だいたい、

感情がいきなり爆発したというより、

ため込んでるんですよね。
 
 

感情がたまってたまって、ドカーン!みたいな。
 
 

「普段優しい人が怒ると怖い」
 
 

なんていわれるのは、

このせいじゃないかなぁと思います。
 
 

(優しい=感情を抑えてためこんでるとは限らないけどね) 
 

だから、感情的になって後悔した、

という経験がある方は、

とにかく感情をため込まないようにするのがオススメ。
 
 

感情的にならないように抑えようとすると、

逆効果で、いつかまた爆発します。
 
 

感情って、人が自然に感じることで、

内側から湧き上がってくるものだから、

抑えたり、なかった事にはできないんですよね。
 
 

適切に出すことでしか、

浄化されない。
 
 

ため込んでいなければ、

そこまで爆発せずにうまく感情を出せるもの。
 
 

誰かに伝えてもいいし、

ノートなどに書き出して自分で処理してもいい。
 
 


 
 

私は先日、主人といる時にとても悲しくなったことがあって、

一度ノートに吐き出した後に、

本人に伝えました。
 
 

うまく伝えることはできなかったけど、

彼も冷静に受け止めてくれて、

そのあとすごく幸せな時間を過ごせましたよ♪
 
 

やっぱり、感情を出してよかった〜と思いました。
 
 

ため込んでいたら、

悲しいも寂しいも、

怒りになって主人にぶつけるはめになっていたんじゃないかなぁ。
 
 

かなりかんしゃく持ちな私が言うのだから、

みなさんにも必ず効果があると思います!
 
 

ではまた♪

新年度!不安でいっぱいのあなたへ

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

いよいよ4月、新年度ですね〜♡
 
 

しかも、今日は新元号も発表されて、なんだか特別な日、という感じ。
 
 

子供の名前を考えていたんだけど、その候補の1つに、実は「れい」というのもあって、新元号の影響で人気が出そうだな〜なんて思いました。
 
 

みなさんはどんな一日でしたか?
 
 

 
 

新しい出会い、新しい環境に心が躍る人もいれば、慣れない環境では本来の自分を発揮できない人もいますよね。
 
 

私は変化がすごく好きなので、新しい、というだけでワクワクなのですが、部下には「変化が怖い」と相談されることもあります。
 
 

何が怖いんだろう?と思ってきいていくと、人間関係の変化に不安を抱えてることが多いんです。
 
 

新しい上司ってどんな人だろう?うまくやれるかな?
 
 

とか、
 
 

勤務場所が変わって、その土地の文化や環境に馴染めるかな?
 
 

とか。
 
 

早く人間関係に慣れるコツは、まずは挨拶から!あとは自分を見せていくこと。
 
 

最初は相手も不安や緊張を抱えているかもしれないですよね。
 
 

だから、思いきって、自分から挨拶してみることをお勧めします。
 
 

挨拶されてイヤがる人なんていないし、うまく挨拶できなくても大丈夫ですよ♡
 
 

そのあと、ムリに会話を続けなくてもいいから、挨拶って楽です。
 
 

また、緊張している時って、「自分をよく見せたい」と思っている時なんですよね。
 
 

だから、早めにそのミエを取り払ってしまって、自分を見せていくことをお勧めします。
 
 

カッコつけている人よりも、ちょっとカッコ悪いところがある人の方が親しみやすく思われたり、愛されるもの。
 
 

「実は人見知りなので、緊張しています!」とか、「変化に弱いので、正直、怖いと思っています」とか、思っていることを言ってしまった方が楽になったりするものですよ。
 
 

みなさんに、ステキな出会いがありますように♡

職場で意見が対立したらどうする?リーダーシップ論

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

仕事していると、同僚と意見が合わなかったり、やりたいことが違うってことありますよね。
 
 

この前、部下がチームで学習するテーマについて議論していて、2つに議論が割れていました。
 
 

お客様について勉強したいな、と思っている点では一緒なんだけど、片方はお客様を大きなカテゴリーで捉えて、全体像を理解したい。
 
 

もう片方は、お客様を個人ごとに見ていって、理解を深めたい。
 
 

どちらも正しく、どちらも間違っていない。
 
 

けど、違うこと言ってる。
 
 

こういう時に、お互いに「なんか違う…」と思いながら進めるのではなく、決めることが大切。
 
 

決めないと進めない。
 
 

どっちかが折れる事になったとしても、決めが大切なんです。
 
 

最初に決めないで進んでしまうと、衝突は避けられるけど、推進力が低下してしまう。
 
 

船に乗っている2つのグループが、一方は東に船を漕いで、もう一方は西に船を漕いだら、前に進めないですよね。
 
 

それと一緒。
 
 

一緒なんだけど、仕事になると途端に難しくなって、意見をうやむやにしてしまう。
 
 

こういう決断をするのも、リーダーとしての役割だし、求められる事なんですよね。
 
 

私が管理職として最初につまづいたのもここ。
 
 

それまで自分のことは決めてきたけど、組織に影響することを自分の責任で決めることの難しさを本当に感じた。
 
 

けど、決めないまま進んでしまって、部下を困らせたこともたくさんあった。
 
 

だから、これからリーダーになる人には、決断と覚悟をぜひ持ってほしいです。
 
 

私なりのリーダーシップ論です。
 
 

参考になれば嬉しいです♪

同期と自分を比較して嫉妬してしまう。自分を惨めに感じる時、どうする?

 
 
SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

先日インスタでも回答したご相談。
 
 

会社の同期がとっても可愛くて、先輩や上司から可愛がられている。しかも仕事もできる。
 
 

そんな同期と自分を比べてしまい、惨めな気持ちになってしまう。
 
 

というご相談。
 
 

まず、このご相談をしてくださったこと自体、すごいことだなと思います。
 
 

自分が同期に嫉妬していることとか、惨めな気持ちを打ち明けてくださって、ありがとうございます(*^^*)
 
 

誰かと自分を比べてしまうことってあひますよね。
 
 
 

羨ましい、嫉妬するって、「そうなれる!」のサイン

 
 

ぜひ知っていただきたいのは、比べている時点で、あなたはその人のようになれる可能性が高い、ということです。
 
 

人って、自分とかけ離れている人と自分は比較しないものなんです。
 
 

例えば、世界的なお金持ちと言われるウォーレンバフェットさんと自分を比較して、「私ってダメだなぁ」ってあんまり思わないですよね。
 
 

それと同じ。
 
 

比較して、羨ましい、妬ましいと思っている時点で、あなたはその人のようになれるところにいるんです。
 
 

自分が惨めに感じてしまう、とありますが、羨ましく思ってしまう気持ちや、比較してしまう自分ってダメなんじゃないか、と思ってしまうのかな?
 
 

今、あなたが感じている気持ちや感情が、どんなにネガティブだったとしても、それを受け入れてあげましょう。
 
 

無理にポジティブになる必要はありません。
 
 

そして、それだけネガティブになっているってことは、本当にその人のようになりたいんだな!ということ。
 
 

具体的にはどんなところが羨ましいですか?
 

顔が可愛い?
 

表情が豊か?
 

愛嬌がある?
 

仕事ができるって、具体的にはどういうこと?
 

ちょっと書き出してみるといいかもしれませんね。
 
 

書き出すことで、「なんとなくの嫉妬」が、「具体的なあなたの願望」になります。
 
 
あとは、その願望に従って、行動するだけ!
 
 
ぜーんぶマネする必要はないし、自分がこうなりたいな〜!と思えるところだけを盗めばいいんです。
 
 

参考になったら嬉しいです♡
 
 
マインド、ライフスタイル、ビジネスなどに関する情報は、メルマガでも発信しています。

 
 

無料、いつでも解除可能です。
 
 
ぜひ登録してくださいね♪