基本的に、他人のことは理解できない。それがわかれば人間関係はうまくいく。

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

上司とウマが合わなくて、

評価されないってこと、

どこの会社でもありますよね。
 
 

実際、転職を考える時、理由の一つに、

ほぼ必ずと言っていいくらい、

人間関係があげられます。
 
 

逆に、今の仕事を続ける理由にもなるのが、人間関係。
 
 

以前、幸せの要素について書きました
 
 

人間関係って、それくらい重要なもの。
 
 

人間関係のストレスを減らすには、

「他人のことを全て理解するのはムリ」

と思うこと。
 
 

諦めとか、冷たいとか、そういうのではなくて。
 
 

他人を「◯◯の人だ」って決めつけるのは、

おこがましいことだと知ることが重要だと思います。
 
 

自分と他人は、違うものだから。
 
 

例え、笑っているように見えても、

他人の真意はわからない。
 
 

悲しい時に、無理に笑おうとする人もいる。

 
 
緊張すると、笑ってしまう人もいる。
 
 

怒っているように見えても、

心は泣いている人だっている。
 
 

だから、見えていることだけで、

誰かを決めつけるのはやめようとわたしは気をつけています。
 
 

わたしの昔の上司で、

部下のイスをけったりするので、

部下から怖がられている人がいました。
 
 

でも、じっくり話すととてもいい人で、

人情味がある人でした。
 
 

仲良くなり、頻繁に飲みにも連れて行っていただき、

本当にお世話になった方です。
 
 

上司は、部下を厳しく指導するのが、

自分の役割だと思っていたそうです。
 
 

だから、イスをけったりしていたのですね。
 
 

イスをけるという行為だけで、

上司のことを決めつけていたら、

その人といい関係を築くのは難しかったと思います。
 
 

もし、あなたが今、人間関係で悩んでいたら、

相手のことを「分かったつもり」になっていないか、

考えてみてくださいね。
 
 

本人はそう言っていないのに、

態度や見た目から決めつけていることはないですか?
 
 

また、仮に本人が言葉にしていても、

あなたに本人の意図がそのまま伝わっているかはわかりません。
 
 

決めつけず、いつもフラットに他人と向き合うことができたら、

もっと人間関係は楽になりますよ♡
 
 

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です