育児は、子育てよりも親育て

NO IMAGE

SparkleU.代表のゆかりです。
 
 

今日は、メルマガでお届けしている内容をシェアしますね〜😊❤️❤️
 
 

「働く女性をもっとキレイに、もっと自由に」を目標に、

皆さんに情報をお届けしています。
 
 

読者の方にたまにアンケートをとって、

内容の見直しをしていますが、

今の配信内容は、

コラムとか、今週のオススメ、とか。
 
 

ビジネス、キャリア、ライフスタイル、マインドなど…毎週テーマを変えてお届けしています。
 
 

無料ですし、読者の方限定の企画もやっているので、

ぜひ試しに登録してみてくださいね😊
 
 

http://sparkle-u.net/mail-magazine/
 
 

今日はこんな内容を配信しました🌸
 
 

↓↓↓
 
 

**********************************

1.今週のテーマ:

育児は子育てよりも、親育て

**********************************

 
 
ここ最近、毎日息子のぐずりと戦っています。
 
 
何をしても泣き止まない息子にイライラする事もあって、

なぜイライラするのか?を考えていたら、

たくさん気づきがありました。
 
 

コンサルでもお伝えしている、

セルフコーチングの参考になるので、

リアルな私の気づきをシェアしたいと思います!
 
 
例えば…

「息子が泣き止まなくてイライラする」

の理由、「なぜイライラするのか?」を考えてみます。
 
 

すると、

・行動には理由があるはずだけどわからないから

・泣く理由を調べて最善を尽くしているのに効果がみられないから

・自分の努力がムダになった気がするから

などが出てきました。
 
 

つまり私は、

行動の背景には、

説明可能な理由があって、

構造的に理解すれば、

行動を変えられるはず(泣き止ませられるはず)と思っているんですね。
 
 

子育てだけじゃなく、

この思考パターンは、

私が昔から持っているものだと気づきました。
 
 

だから、

・行動には必ずしも説明可能な理由が無い事もある

・誰かの行動を変えることは、できないし、必要もない

と思考パターンを変更しました。

 
 

泣いている自分の感情を説明できないことって、

大人にもよくありますよね。
 
 

それなのに、

まだ生まれて3週間の息子に

泣いている理由説明を求めるなんて、

私、スパルタすぎる…笑

仕事でもたまにやりがちなのですが、

私が誰かを変えるってムリなんです。

 
 

その人が自分自身を変えることはできるけど、

私の努力で変えようなんて、

おこがましい!
 
 

いつもコンサルで学んでいるのに、

身内だとなぜか、

自分が影響を与えられると思ってしまうから怖い。
 
 

育児って、子どもを通して親、

つまり自分自身を育てる経験でもあるのですね〜。
 
 

これからの自分の変化も、

また楽しみです❤️
 
 
---------------

🌸新刊🌸すばるー八つのきらめく物語ー

読み聞かせにもオススメな童話集。

1人で読むなら小学校中学年から。
 
 
ご購入はこちらからどうぞ↓
 
 
https://sparkleu.thebase.in/

 
 
プレゼント企画🎁はこちら↓

https://ameblo.jp/kana–cat/entry-12465829610.html