食事法だけで仕事効率もマインドも変わる

SparkleU.代表のゆかりです。

今日はお仕事でランチタイムの時間がとれなかったので、

夕方ごろに家の近くのデパートで食べたいものを探しました。

結果、

  • カプレーゼ
  • 肉だんご
  • たい焼き

を食べましたよ♪

すごい組み合わせだけど、

その時に自分が本当に食べたいものを食べる、

というスタイルにはまっているので、

満足度の高い食事になりました。

カプレーゼって大好きなんですよね♡

トマトがとってもみずみずしくて美味しかったです。

自宅での食事もこれからどんどん充実させたいな!

仕事をしていると、

ランチタイムがおろそかになってしまう方も多いのではないでしょうか?

私の周りの働く女性たちも、

ランチはいつもデスクで食べますって人が大半!

私もそうでした。

同僚が

「今日ランチ食べるヒマない〜汗」

と行っていたら、

「え、そんなのよくあることじゃん。平気だよ」

と心の中で思っていたくらい。

くいしんぼうなので、

お昼を抜くことはなくて、

空いている時間に何かしらは食べていましたけどね。

必ず3食食べなければいけないわけじゃありません。

大切なのは、自分がどうしたいか。

仕事で食事をするヒマがないと、

自分に余裕がないような気がして苦しいと思うなら、

無理にでも食事の時間をもうけたほうがいい。

お昼の1時間を自分でブロックして、

その時間は、食事に集中するのです。


それだけで、

気持ちに余裕が持ててリフレッシュになり、

午後からの仕事効率も上がる。

そう思えば、食事の時間も仕事のために必要な時間。

逆に、おなかが空いていなかったり、

食べると眠くなるから仕事中は食事をしたくないという方は、

無理に食事をしなくてもいいと思います。

お昼を食べないだけで、

病気になるというわけでもないし。

そうやって、

身体→おなかすいてる?何食べたい?

心→食べたい?何を優先したい?

ときいてあげてくださいね。

食事は毎日のことだから、

自分の身体が何を欲しているのか、

自分の心が何を欲しているのか、

敏感でいることが、仕事などにも影響があります。

では、私の身体は今、

お昼寝を欲しているようなので、

少し仮眠しま〜す 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です