新しい何かをはじめたいと思ったら、まず捨てるものを考えること

今、新サービスの企画で、ものすごく悩んでいます…。

悩みすぎて、23時過ぎなのにおなかがすいて、パンを食べています(一応、低糖質パン笑)。

みなさん、私の悩みにのってください!!笑

サービスを企画する時の「スクラップ&ビルド」

サービスを企画するときの流れはわかっているし、何度も新サービス作っているのですが、やっぱり新しいことを考えるのは時間がかかっちゃう。

サービスを企画するときのフレームワークはたくさんあるんだけど、私が今チャレンジしているのは、「スクラップ&ビルド」

厳密には、スクラップ&ビルドって、別にサービス企画に限った話で出てくるものではないんだけど。

一度スクラップにしてしまって=全部壊して捨ててしまって、それからビルド=建て直すという意味。

この考え方って、すごく重要だと思ってるんです。

サービスを考えるときでもそう。

固定のお客様がついてくると、どうしてもサービスってマンネリ化しやすくて、同じサービスを維持している段階で、実はちょっとずつ退化していっているんですよね。

時代やお客様は変わっていくから、サービスだけ同じレベルにとどまっているってことは、周りの流れから取り残されるってこと。

だから、少しずつサービスを変える必要がある。

時には、本当にスクラップにしちゃう、つまり、あるサービスを壊してしまうくらい、大きな変化も必要ということ。

今、私にとってまさにそのスクラップ&ビルドが必要な時なんだなぁ~って思っています。

ずっとやってきたイメージコンサルティングの仕事がいろんな事情で大きく展開できないから、もっと形態を変えて、女性の人生にかかわっていきたいなって思っている。

コンセプトは同じなんだけど、サービスは変わっていく必要がある。

何かを捨てるのは誰だって怖い

サービスを企画したりしていない人にもぜひ、「スクラップ&ビルド」の考え方を取り入れてほしいなと思うんです。

例えば、何か新しいことに取り組もうと思っても、一歩踏み出せない時ってありますよね。

それって、なんでかというと、「捨てるのが怖いから」。

不幸な恋愛をしているなと思っているのに手放せないのは、
たまにあるちょっとの幸せな時間を捨てるのが怖いから。

ストレスばっかりの仕事を辞めたいなと思っているのに辞められないのは、
収入が定期的に入ってくる安定を捨てるのが怖いから。

愚痴ばかりの同僚との飲み会なんか行きたくないのに行ってしまうのは、
そんな同僚とでもつながっている安心感を捨てるのが怖いから。

でもね、一回捨てないと、新しいものは入ってこない。

だから、これから何をやろうか、と考えるより、
何を捨てるべきかを考える。

捨てることができた時、きっと新しい出会いがあなたに待っていると信じています♪