転職の時に口コミを真っ先に検索する人は、後悔しやすい

転職しようかな~と考えるとき、どの企業がいいか口コミを見て決める人って多いんです。

実際、私がキャリアアドバイザーとしてご相談にのっていた時にも、
「口コミであまりよくなさそうだったので」とか、
「口コミを見たらよさそうな企業だったので」とか、
そんな声をよく聞いていました。

私自身、Amazonで本を買う時とか、
価格.comで家電を買う時、口コミをかなり重視して選んでいます。

でも、転職の時にネットの口コミを信じるのは要注意!!

本や家電のようなモノと、転職は全然違うからです。

口コミ重視の転職はホントに危ない

例えば、リーマンショック前は激務で、いわゆるブラック企業だった会社。

今は、経営陣が一掃され、会社の理念も改めて設定しなおして、月の残業時間が20時間だったら多いと言われるほど、残業が少ない企業になっていたりします。

そんな企業でも、口コミを見てみたら、今でもブラックだった時代の口コミがたくさんあったり、その中にいい口コミが紛れていたりして、経緯などがわからないと何を信じたらいいか一見わからない情報になってしまっている。

そんな情報をもとに、転職という大きな決断をしていいのか…?と思いませんか?

さらに言うと、あなたの会社でも部署によって全然事情が違うってことありませんか?上司によって違うこともあるし。

だから、口コミを書いている人が自分と同じ部署の人なのか、同じ上司を経験することになるのかなどがわからないと、あまり参考にならないことも多いんです。

結局、自分の意見や感想が一番大切

他にも、口コミをあまり信じすぎないでほしい理由があります。

それは、「自分軸」が消えてしまうこと。

転職に限らずですが、人生で働き方・生き方を決めるタイミングにおいて、
口コミを重視するということは、
自分の意見ではなく、他人の意見を重視しているということでもあります。

自分の価値観のフィルターを通して見た企業と、
見ず知らずの他人の価値観のフィルターを通して見た企業では、
同じ企業でも全く違ってみえると思う。

特に、自分と価値観が似ている人の口コミだったらまだしも、
ネットの口コミって誰が書いているかわからないから、
価値観の比較もできないし。

口コミを見たくなる気持ちはわかるし、左右される気持ちもわかる。

でも、それで自分の軸がわからなくなってしまったら本末転倒だから。

自分が何を欲しているか、考えるのは苦しいこともあると思う。

それでも、自分はどう思うかを常に大切にしてほしいな~。