セールスのコツは?営業に苦手意識がある方へ

セールスのコツは?営業に苦手意識がある方へ

今日はキャリアについての記事。

コンサルティング中によく気になるのが、セールス(営業)に罪悪感を持っている人が多すぎること!

「お客さん視点で仕事したいんです」と言って、サービスや商品をお勧めしないで帰ってしまう…。

それって、言い訳じゃないですか?

お客様がいらないと言うから、提案しない、売らない。

それは、本当にお客様のことをちゃんと考えているでしょうか?

お客様が本心で「いらない」と言っているのであれば、そもそもターゲットが間違っている。

事前にどんなお客様だったら喜んでくれそうか?考えてから提案する必要がありますよね。

あと、お客様は「いらない」と言っていても、商品やサービスの良さを十分伝えられていないから、という可能性もあります。

極端な例で言うと、ブルーベリーを売ってるとしますよね。

お客様は、おなかが空いていないので、「(今は)いりません」って言う。

けど、その人は、眼を良くしたいと思っていて、「ブルーベリーが目にいい」と知っていたら「欲しい」と言うかもしれませんよね。

お客様が本当に欲しいものや解決したいことを知って、

それに対して、自分(が提供するサービス商品)がどんなふうに役立てるか、

伝えきる、と言うことが大切。

本当に自分が好きで勧めたいと思うモノやサービス、

この人の役に立ちたいと思えるお客様だったら、

自然とセールスもできるはず。

もし、それができていないな、と感じるなら、

お客様の欲しいものをちゃんと理解していないか、

モノやサービスのことを理解していないか、

良さをちゃんと伝える力がまだたりないか…、

自分の何が足りないのか、振り返ってみてくださいね。