人間関係が悪化してしまう原因は◯◯

人間関係が悪化してしまう原因は◯◯

人間関係の悩みを抱える人はとても多いとききます。

転職を考える人の約7割は人間関係の悩みが原因とも言われます。

人間関係が改善するだけで、人の幸福度は200%アップする=3倍になるという研究結果も発表されている。

それだけ、人間関係は大切ってこと。

そんなこと、わざわざ言われなくても、みなさん日々感じていますよね。

でも、どうすれば人間関係がうまくいくのか、それが問題。

私は、人間関係がうまくいかない時って、だいたいが理解不足に原因があると思います。

例えば、職場の上司がものすごく一方的に怒ってくる人で、何を言っても無駄だし、やる気が出ないとか。

その上司からしたら、良かれと思って怒っていて、ある意味、本当は怒りたくないけどその人のためになると思って頑張ってるのかもしれない。

もしかしたら、そういう指導を以前に受けて、それが自分的に後からとても良かったと感じていて、同じことを後輩にしようとしているのかもしれない。

単純にコミュニケーションが下手で、怒った口調になってしまってるのかもしれない。

上司は、あなたとは違う人。

だから、考え方も違うし、表現の仕方も違う。

怒っている「ように見える」だけで、上司からしたら普通なのかもしれない。

だからね、人間関係がうまくいくかどうかは、相手の気持ちや価値観、考え方、表現の癖をよく知ることから始まる。

よく知れば、誤解がわかる。

上司は完璧であるべき、というのは間違い。

「あなたにとって」完璧な人間なんているわけない。

完璧の定義も人それぞれ違う。

上司、と呼ばれる立場の人なんて星の数ほどいるんだから、その人たちがみんな完璧なわけもない。

上司はこうあるべき、ではなくて、上司はどうしてこういう事を言うのだろう?どうしてこういう行動をするのだろう?と興味を持ってみよう。

とは言え、上司と自分の思考回路は違うわけだから、自分の頭で考えても上司を理解する事はできない。

だから、上司の人柄や価値観をもっと知る努力をした方がいい。

めんどくさいと思うかもしれないし、上司はキライだから嫌、というかもしれないけど、

これはあなたのための行動。

関わらなければならない人なら、相手を理解して関係性を良くするに越したことはないし、

関係性が悪くて毎日嫌な思いするくらいなら、

自分で努力して変えちゃった方が楽。

上司を例に出したけど、

これは友達、恋人、家族でも同じ。

理解することで、人間関係は一歩前進できる。