読書の時間 辻村深月さん スロウハイツの神様

辻村深月さんの小説が好きで、最初(第一作目)から読んでます。

一人一人のキャラクターに個性があって、それぞれの価値観ができあがっている。

ひとりの作家が、これだけリアリティのあるキャラクターを複数描けるという事に驚きます。

それぞれ、キャラクターには人生があって、過去積み上げてきた時間を感じる。

一番最初の小説は、途中、怖くて怖くて読み進められなかった。

それくらい描写が生々しくて、鮮明に絵が浮かぶ。

毎回、文章になにかトリックが隠されているのも魅力。

最後、いつもあっと驚かされて、悔しくなるくらい。

久しぶりにゆっくり読書できて嬉しいです。

今は、情報に飢えているみたい。

しばらくはインプットの時期にしますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です